So-net無料ブログ作成
検索選択

Talend Open Studio (ETLツール) でデータ統合(13)~kintoneにファイルを添付する [BI]

ファイル取得(GET)までやったので、ついでにファイル添付(PUT)のやり方も載せておきます。どちらかというと動かせるだろうということを確認したぐらいなので、実用するにはもう少しいじる必要がある設定になっていますが、誰かの参考になるかもしれないので載せておきます。

○ファイルをアップロードし、ファイルキーを取得
ジョブの左側のほうです。ファイルは"c:\tmp\test.zip"です。tLogRowでつないでいますが、サーバの応答を見ているだけで、実際に欲しいデータのfileKeyはこんな感じに設定すると、"c:\tmp\logs_file.log"に取得されます。
kp1.png
kp2.png

○アップロードしたファイルをAppに紐づける
この時点ではまだテンポラリ領域にファイルがアップされただけです。なので、紐づけるJSONをRESTで送ります。
kp3.png
とりあえずこれでZIPファイルを転送して、kintoneの画面からダウンロードしたものが壊れず開けることまでは確認しました。ただ、今回は特に連続処理とかする予定がなかったのでBODYにそのままfileKeyを埋め込んでいます。実際にちゃんとしたjobを組む場合はfileKeyとapp-id,record-idの一覧から毎回JSONに変換するというコードを記述する必要があります。これは実際にやる必要ができたら試してみようと思います。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 1

アオヤマ

お世話になります。
非常に参考になりました。
Talendコミニュティにも投げたのですが、
上記だと固定値となるため、
Talendのcontext変数による
変動値を値として設定するためには、
どのように記載すればいいのでしょうか。
分かれば教えていただけると助かります。
よろしくお願いいたします。
by アオヤマ (2017-07-10 13:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。